ナイチンゲールの我愛看書(ウォーアイカンシュー)

実用書大好きのナイチンゲールがこれまで読んだ本の中で特に役立つと思った本を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

複式簿記の基本を押さえる

最近は会計ソフトによって期中取引の入力だけすれば、総勘定元帳への転記試算表の作成、決算書の作成まで全て自動で行うことができます。

しかしながら期中取引を入力するためには最低限の簿記(仕訳)の知識は必要です。

簿記というととっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、これは本当の入門書、入門書の入門書です。

この本を最後まで読み通してみれば簿記とはこういうものだったのかということがきっとわかると思います。

とにかく簡単に書かれており、これを読んだだけでは日商簿記3級には確実に合格できません。しかし会計ソフトを扱うための必要最低限の簿記の知識は得られます。

ちなみにこれ、法人会の税務税制セミナーで使われた教科書です。

簿記入門の入門


購入はこちらから。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。