ナイチンゲールの我愛看書(ウォーアイカンシュー)

実用書大好きのナイチンゲールがこれまで読んだ本の中で特に役立つと思った本を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マインドマップを使って読書をする

マインドマップについてはこちら

この本ではマインドマップを読書に応用する方法が書かれています。

その本質は、人に見せる、つまり外に出すために本を読み、そのため、より本の本質に迫る読み方ができるということです。

結果、以下のようなことが可能になります。

・個人ブランドを構築するために経験を経験価値に変える努力をする。
・そのために自分で感じたことや思ったこと、考えたことを外に出す。
・そうすることで自分の中のケミストリー(化学変化)と外部ネットワークが広がる。

確かに私も数多くの本を読みましたが、内容を忘れてしまったものも多数あります。

人に見せることを前提にマインドマップを描くことによって、より構造的に、より記憶に定着させることが可能になります。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。