ナイチンゲールの我愛看書(ウォーアイカンシュー)

実用書大好きのナイチンゲールがこれまで読んだ本の中で特に役立つと思った本を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

白雪みるくC74紹介キャンペーン!!!!

■2008年08月16日(土曜日)
「コミックマーケット74」サークル初参加!
場所:東京ビックサイト<西地区や-04a>
サークル名:【Milk_System】
白雪みるく初のミニアルバム「ATMOSPHERE」発売に向けて頑張ってます!!!

ミニアルバム「ATMOSPHERE」発売

↑クリックして下さい。

スポンサーサイト

PageTop

マインドマップを使って読書をする

マインドマップについてはこちら

この本ではマインドマップを読書に応用する方法が書かれています。

その本質は、人に見せる、つまり外に出すために本を読み、そのため、より本の本質に迫る読み方ができるということです。

結果、以下のようなことが可能になります。

・個人ブランドを構築するために経験を経験価値に変える努力をする。
・そのために自分で感じたことや思ったこと、考えたことを外に出す。
・そうすることで自分の中のケミストリー(化学変化)と外部ネットワークが広がる。

確かに私も数多くの本を読みましたが、内容を忘れてしまったものも多数あります。

人に見せることを前提にマインドマップを描くことによって、より構造的に、より記憶に定着させることが可能になります。


PageTop

電卓を使いこなす

簿記試験では単純な計算ミスが大敵。合否のボーダーラインで落ちないためには、電卓の基本操作を確実にマスターし、単純なミスを減らすことが必要です。本書では、簿記に必要な基本機能やメモリーなどの使い方をはじめとして、シンプルでわかりやすい解説によって電卓操作を短期間でマスターできるように解説していま。
ブラインドタッチもできるようになります。電卓のブラインドタッチはPCのテンキーにも応用でき、大変便利です。


PageTop

逆相関を用いたローリスクミドルリターンの運用手法

私のFXの師匠はやぶささんの記事が載っています。
内容は逆相関の通貨ペアのポジションをとることによって為替変動リスクを抑え、スワップ金利で安全に利益を出すという手法です。
かなりわかりやすく書いてあるのでお勧めです。


PageTop

弥生開会を使いこなす

一部の人から「ライブドア会計」を言われているこのアプリケーション。私は愛用しています。

ところが取扱説明書が不親切というのはどの商品でも言えることでありまして、弥生会計も例外ではありません。これは取説制作会社にいた私が断言します。

そこでこの本。これと前回紹介した「簿記入門の入門」それにカスタマーヘルプデスク、この3つを使い倒せば弥生会計の運用に困ることはほぼないでしょう。

ちなみに期中取引の入力はマウスを極力使わないことによって大幅に作業時間を減らすことができます。


出金伝票を開く→日付を選ぶところが選択されているのでテンキーで入力→Enter→勘定科目をサーチキーで選択(サーチキーは3種類ありますがローマ字入力がいいでしょう)Enter→金額をテンキーで入力Enter→適用を入力→F12で登録
→次の出金伝票が開き、日付を選ぶところが選択されているので上記と同様に。
伝票を開いた後はマウスは一切使わずに取引の入力までいけます。


PageTop

複式簿記の基本を押さえる

最近は会計ソフトによって期中取引の入力だけすれば、総勘定元帳への転記試算表の作成、決算書の作成まで全て自動で行うことができます。

しかしながら期中取引を入力するためには最低限の簿記(仕訳)の知識は必要です。

簿記というととっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、これは本当の入門書、入門書の入門書です。

この本を最後まで読み通してみれば簿記とはこういうものだったのかということがきっとわかると思います。

とにかく簡単に書かれており、これを読んだだけでは日商簿記3級には確実に合格できません。しかし会計ソフトを扱うための必要最低限の簿記の知識は得られます。

ちなみにこれ、法人会の税務税制セミナーで使われた教科書です。

簿記入門の入門


購入はこちらから。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。